Feature 02

東洋医学

3,000年の歴史ある東洋医学の視点

西洋医学が日本で西洋医学が台頭してきたのは明治維新がきっかけであることから、実はまだ200年やそれくらいしか経っておりません。それまでの日本では主に東洋医学が医療の主流であり、日本という一つの国家という概念がない時代の人々を癒してきました。そこには古来中国の3,000年間もの歴史が詰まっており、西洋医学にはまたない視点でのものさしで、病院では対応し切れないような不調の根本原因に大阪で働きかけます。

西洋医学とはまた見るものさしが異なる

一般的に西洋医学は不調そのものに直接ピンポイントで働きかける視点で対応していくため医学であり、ガンや骨折などのように西洋医学でないと対応できない不調が多々あります。一方で、東洋医学は不調の発生の大元を探っていき、身体全体のバランスを整えた結果として不調が癒えていくといった観点で鍼等で施術していくため、西洋医学では難しい不調にも対応できます。このように西洋と東洋とでは見るものさしが異なり、どちらも一長一短であることから相互補完し合いつつ、東洋の視点で大阪のお客様と向き合ってまいります。

「北辰会方式」で1〜3本と少数の鍼を

「北辰会」という独自の東洋医学の観点で行う鍼の施術を普及する団体の講師の方々を師事することで、独自の鍼施術を身に付けました。一般的には鍼施術は数十本単位で刺入していくものの、北辰会方式では基本"1本"、多くて"3本"といった大変少数の鍼を刺入し、不調の根本原因にピンポイントで働きかけていきます。こうすることで鍼による成果が分散することなく根本原因周辺に集中していき、よりスムーズに不調が癒えてまいります。そのために大阪でカウンセリングの時間を毎回60分〜90分に設定し、根本原因を特定します。
Access

アクセス

鍼灸縁庵

住所

大阪府茨木市永代町6-19

近藤ビル402

電話番号

090-3890-4915

090-3890-4915

営業時間

完全予約制となります。


午前:9:00~12:00

午後:16:00~19:30

最終受付19:30


※土曜は9:00~12:00

※時間外をご希望の方は事前にお問い合わせください。

定休日

日曜・月曜

備考

阪急茨木市駅から徒歩2分

アクセス


電車で気軽に通いやすいように最寄り駅から歩いて2分の好立地を厳選して開業しつつ、近くの立体駐車場と提携してサービス券も配布しお車での通院も歓迎します。


1階が畳屋さんのビルの4階に当院があります。隣接している居住用のマンションではありませんのでご注意ください。近藤ビル裏側にコインパーキング、立体駐車場(BSモータープール)がございます。お車でも安心してお越しいただけます。



中国古来の東洋医学で難病等にも対応

なぜ、東洋医学が古来中国から3,000年もの長い歴史を経て、こうして現代日本ではもちろん、世界各国で研究が進みWHOにも認可されるようになったのでしょうか。それは人間の健康に対して相応の成果が見込まれるためです。西洋医学で対応し切れない不調には鍼等で対応し、ガン等には西洋医学で対応し、といったように一長一短の医学を相互補完し合いながら、東洋の視点をもって大阪のお客様を健康へと導いてまいります。
Related posts

関連ページ