流行りの”アレ”について ~後遺症はおまかせあれ~

query_builder 2022/09/07
茨木_鍼灸東洋医学
IMG_9483

先日、数日間院を空けることになったとき、

窓辺に持っていくのを忘れており、

多肉植物のシンブラちゃんの葉が枯れていたのですが…

新しい芽が出てきて気分がルンルンです♪




さて、タイトルのとおり…

巷で流行りの”アレ”。

私は『コロちゃん』、もしくは『オミちゃん』と

呼んでいるのですが…


いや〜、本当多いですね。

うちに来院されている患者さんからもよくお話は聞きます。


これによって職場が人手不足…や、

看病でつきっきりで…などなど、

余計な労力が増えてしまう問題も出てきています。


濃厚接触者とやらの隔離期間が短くなったものの…

そもそも陽性反応すら出ていないのなら隔離する必要あんの?

ていうか…そもそもその陽性は本当なのか?

無症状感染とかいうパワーワードが生まれましたが、

感染症学でいうとそれ、感染してませんからね。


…と話し始めると止まりませんので。笑


気になる人は私に聞くなり、自分で勉強してください。

メディアばかりを鵜呑みにしていたら痛い目に合いますよ。笑



と、まぁそんなことは置いといて…


大なり小なりコロったあとに(もしくはオミったあとに)、

後遺症として多いのが…


『咳』『痰』(この2つは兼ねることが多い)、『倦怠感』

この3トップですね。

なかには頭痛や関節痛が残る方もいらっしゃいますが…

圧倒的に前者が多いかと。



西洋医学的には”新型コロ○ウイルス後遺症”という診断名がつくそうですね。

聞くところによると、『後遺症外来』なんかあるそうな(笑)


まぁ、咳止めや痰切りのお薬もらって終わりなのでしょうけれども…。



東洋医学では何の後遺症であろうが、

咳・痰・倦怠感という症状そのものに視点をおいて

独自の診断学で各々の体質素因も加味した上で分析します。


ですから、1人1人の処置が変わってくるわけですし、

新型の感染症だろうが、ただのカゼだろうが、喘息であろうが…


西洋医学の”診断名”に関係なく、対応することが可能なのです。



当院に通ってくださっている患者さんでも、

既に改善されている方も多数おられます。

(先程も申したように、体質や生活背景も関係しますのでなかなか手ごわい場合もありますが…)



では、次回は

その症例の一部を…ご紹介でもしましょうか_φ(・_・)




----------------------------------------------------------------------

鍼灸縁庵

住所:大阪府茨木市永代町6-19 近藤ビル402

電話番号:090-3890-4915

----------------------------------------------------------------------

NEW

VIEW MORE

CATEGORY

ARCHIVE

TAG