顔面気色診-面色黧黒-

query_builder 2023/12/21
茨木_鍼灸東洋医学体質改善
顔面気色診 面色黎

顔面気色診

顔色についての話を続けてお届けしております。


顔面気色診 -面色紅-

顔面気色診 -面色白-

顔面気色診 -面色青-


今回は『面色黒』

『面色黧黒(れいこく)』とも言います。

なんや、難しい漢字が出てきましたね…。


「黧」は”つしむ”と読み、黄色を帯びた黒色。

又は、肌の黒ずんだ斑点や肌に色がついて滲む、

などを意味します。

つまり黧黒は…

黒っぽく滲んでいる、どす黒い、

ということですね。


黒っぽく滲んだ顔色、どす黒い顔色、

それは東洋医学では何を意味するのか?


今回はそんなお話です。


【黒=冷え+湿気、血の停滞?】


霊枢・五色篇

「五色を臓に命す…黒は腎となす」とあり、

証治準縄・察色要略では

「黒色は水に属す、寒を主り、痛を主る、

 則ち少陰腎経の色なり」

とあります。

黒・腎の臓・寒・水が密接な関係にあることがわかりますね。


腎の臓については以前にも綴っているので、

こちらをご覧ください。

五臓六腑〜腎の臓〜


人種、体質、日光による日焼けでの生理的黒色は

問題がないのでご注意ください。



ではいつものように例を上げていきます。


①腰や膝がだるくて力が入りにくい、

 耳鳴りもしくは難聴。寒がりで手・足がよく冷え、

 浮腫む場合がある。

 尿が薄くて量が少ない(が、回数は多い)。

 


②肌がガサガサして潤いがない、

 口の乾燥感(水分を欲さない)、

 毛髪にツヤがない、

 女性の場合は月経不順や酷い痛経。



①…これは慢性の病や過労、房事(性行為)過度などにより

  腎の臓の気が不足して、次第に身体を温める力が

  低下する腎陽虚へ移行したものです。

  腎は腰以下の下半身に関与し、耳も栄養しています。

  温める力が不足するために冷え症状が出現します。

  気血を温められず、循環が悪くなってしまうために

  顔面部に栄養が届かず、艶の無い、黒くくすんだ

  顔色になってきます。


②…慢性病や外傷などによって

  瘀血(血の滞り)が慢性化したもの、

  もしくは冷えや酷い内出血などにより

  瘀血が形成された場合にも。

  血が滞り、循環が悪くなることに加え、

  血の濡潤作用(潤す力)が不足するために

  乾燥症状が出現します。

  どす黒い顔色とともに肌に潤いがなく、

  ガサガサしてしまい、女性の場合は月経時に

  血の塊がはっきりと出現することも鑑別診断の一つです。


これまた対称的なものになっておりますね。

前者は完全に正気の不足によるものからで、

温めつつ、気を補っていく処置を

していかねばなりません。

加齢と共に出現するリスクは高くなってきます。


後者は血の滞りがメインなので、

この滞りを除去するように…

散らすような処置をしていくことが

中心になると思います。

(背景に正気の弱りもある場合があるので

そこはケースバイケース)


このように顔色が黒っぽくて、

似たような状態を示したとしても…

色だけじゃなく皮膚の状態や、

その他の身体症状を確認することで、

見分けをつけることはできるはずです。


補うか、散らすか、の処置を間違えると

悪化させる可能性がありますので…

ここは絶対に間違えてはいけないところですね。


また、今までどんな病気や怪我をしてきたのか、

という背景も把握しておけば原因も明確になってきます。


やはり、患者さんの”現在”の姿だけを診るのではなく、

その方の人生を、ストーリーとして捉えることが大事ですね。


当院は初回に時間をかけてカウンセリングしますが、

やはり…正しい処置のためにも、

元々の体質改善のためにも必要になってきますので、


少し大変だと思いますが、ご協力くださいませ!!


----------------------------------------------------------------------

鍼灸 縁庵

住所:大阪府茨木市永代町6-19 近藤ビル402

電話番号:090-3890-4915

----------------------------------------------------------------------

NEW

VIEW MORE

CATEGORY

ARCHIVE

TAG